エントリー

観測活動の再開 ⑥

  • 2019/06/02 20:48


『この電車は鎌倉行きです――』
「ふう。何とか乗ることが出来たね」
 あずさの言葉を聞いて、僕はこくりと頷いた。
 問題は一つ解決、といったところだろうか。全員が集合出来た、という点については、先ずは有難いと思った方が良いのかもしれない。
 しかしながら、未だ問題は残っている。
 そもそもの主問題。
「池下さん、ちゃんとカメラは持ってきましたか?」
「カメラ? ……ああ、当たり前だろ。そもそも持ってこなかったら何だと思っているんだ。冷静に考えて有り得ない話だろ、カメラ直しに行くって言っているのに、カメラ持ち歩かないなんて」
 そりゃそうですけれど。
 でも、もしかしたら、って可能性もある訳だしなあ。
 そんなことを思いながら、僕は話を続けた。
「そういえば、どうして鎌倉に行く必要が有るんですか? カメラ店なら、七里ヶ浜にもあるでしょう?」
「まあ確かにそうだろうね。けれど、購入したカメラは購入した店で、という話でね。……偶然手に入ったのが、そのお店だったんだ。だからそこでずっと使い続けている。ただそれだけの話さ。別に何の問題でもないよ」
「そうなんですか?」
「そうなんだよ」
 特段、珍しい話でもない。
 そういうことか。
「……カメラ店の名前は『鎌倉カメラ店』。ただのカメラ屋さ。昔からずっと続けているカメラ屋でね。観光出来る場所からは若干離れているのだけれど……、まあ、時間潰しに観光しても良いよね。例えば鶴岡八幡宮だとか」
「鶴岡八幡宮?」
「鎌倉にある立派な八幡宮の名前だよ。良い場所だよ。写真を撮るにはうってつけのポイントさ」
「そんな場所があるんですか」
 鎌倉という場所は聞いたことがあるけれど、行ったことはなかった。
 だからそれを聞いて、ちょっとだけ嬉しかった。
 地元の人から聞ける情報って、やっぱり重要なところがある訳だし。
 そもそも『地元』って言える程住んでいないけれど。
『間もなく、終点、鎌倉です。どなた様もお忘れ物のないようにご注意ください――』
「おっ、そろそろ着くようだね」
 部長が立ち上がり、僕達も立ち上がる。
 出口に向かうと、ちょうど扉が開いた。
 鎌倉は、どこか懐かしい匂いがした。
 それが何でそんな匂いがするのかさっぱり分からなかったけれど。

 

ページ移動

ユーティリティ

2024年06月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着エントリー

過去ログ

Feed