エントリー

ブラックボックス ⑩

  • 2019/06/18 19:44

「僕を、見ないでくれ……」
 気づけば、僕は泣いていた。
 気づけば、僕は涙を流していた。
 それが、何の意味を生み出すのだろうか?
 分からない。分からない。分からない。
 答えは、見えてこない。
「……なあ、いっくん。俺は君の答えに少し期待したんだよ。少しは何か違うアイディアを出してくれるんじゃないか、って思いもしたんだよ」
 落胆する僕に、ぽんと肩を叩く池下さん。
「だが、結果はこれだ。君は彼女達を救えない。君は世界を救えない。君は何も出来ない。ただの人間だった、ということだ。神童でも何でもない、君はただの人間だ。それ以上でもそれ以下でもない。……分かりきっていたことだったんだ。君に期待した俺が馬鹿だったのかもしれない」
「池下くん」
 兵長の宥めるような声を聞いて、僕は漸く顔を上げる。
 あずさとアリスは――今もなお、僕を見つめていた。
 そんな顔で、僕を見ないでくれ。
 そんな目で、僕を見つめないでくれ。
 そんな表情で、僕を眺めないでくれ。
 ……ああ、そんなことが言えたら、どんなに楽だっただろうか。
 僕はそんなこと口に出来るはずがなかった。
「君は何も出来ない。それが証明出来ただけでも良いことだったんじゃないかな?」
 池下さんはさらに僕を追い詰める。
「君は、何もしなくて良い。それで良いんだ。それで良いんだよ、全て」
「……何か出来ることは残されていない、というのですか」
「残されていないね。残念ながら。そして、君の『活動』もこれでお終いだ。最後に、彼女達に言いたいことはないかね?」
 それを言われて――僕は何も言えなかった。
 言いたいことはいっぱいあったはずなのに。
 伝えたいことはたくさんあったはずなのに。
 今になって――言葉が一切出てこないのは。
 何故だ。何故だ。何故だ――。
 僕は自分に語りかけて――そこで、あずさからぽつり、言葉が聞こえてきた。
「……ありがとう」
 それを聞いて、僕は何も言えなかった。
 ……ありがとう、だって?
 僕はあの『日常』を破壊した、張本人なんだぞ?
 だのに、彼女はそんなことを口にした。
 どうして、そんなことを言ってくれるんだ。
 どうして、そんなことを口にするんだ。
 どうして、そんなことを言ってしまうんだ――。
「そして、さようなら……」
 彼女はそう言って。
 立ち上がり。
 僕を見つめたまま――僕から離れていく。
 アリスも、僕を見つめたまま動かなかったが、やがて一礼すると、そのままあずさについていく形になった。
 僕は、泣いた。
 言葉に出来ないぐらい、泣いた。
 涙を流し尽くしたと言っても良いぐらい、泣いた。
 けれど、それが現実。
 けれど、それが全て。
 けれど、それ以上は何もない。
 僕には……何も出来なかった。

   ※

 これからは後日談。
 というよりただのエピローグ。
 僕は次の日、一週間ぶりに学校に足を運ぶことにした。不登校にはならなかった。少しでも彼女達が居たという気持ちを残しておきたくて。
 彼女達は突如転居ということが先生から伝えられた。先生は何も知らないのだ。彼女達が自衛隊の人間で、空飛ぶ円盤型の飛行物体『ブラックボックス』の搭乗員で、それに乗り込む任務のためにここから離れた、ということを――。
 放課後、僕は図書室副室にやって来ていた。
 宇宙研究部はいつも通り続けてくれている、と思ったからだ。
 けれど、そこには何もなかった。
 そこには、空っぽの教室が広がっているだけだった。
「おっ、いっくんじゃないか。ちょうど良いところに居た」
 声をかけられ、振り返る。
 そこに立っていたのは部長だった。
「部長……。あの、宇宙研究部は……」
「ああ、宇宙研究部はね」
 部長は、何かを言おうとしている。
 やめろ。やめろ。やめろ。
 まさか、そんなまさか……。
 そして、部長は――はっきりと言い放った。
「宇宙研究部は廃部にすることにしたんだよ」

 

ページ移動

ユーティリティ

2021年10月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着エントリー

過去ログ

Feed