エントリー

ブラックボックス ⑧

  • 2019/06/18 07:05

「しかしだね。あれは機密情報だ」
「良いでしょう、ここまで機密を話したんだ。あれぐらい見せても何も変わりゃしない」
「……君がそう言うならば、そうしよう」
 そう言って、PDFをクローズする兵長。
 デスクトップにある散乱されたフォルダの中から一つを選び、クリックする。
 そして、一つの映像ファイルを選択して、クリックする。
 やがて動画が表示され、再生される。
 そこに映し出されていたのは――。
「空飛ぶ円盤……。これが、これが『ブラックボックス』……」
「そう。これこそが『ブラックボックス』だ。そして、良く見ていたまえ。これから起きる出来事を」
『では、今から「ブラックボックス」に銃弾を発射します。パイロット、問題ありませんね?』
 チカチカ、と円盤の正面から何かが光った。
 それを見て確認したのか、白衣の科学者は頷くと、銃を持ち、それを『ブラックボックス』に向けて――撃ち放つ。
 パン、パン、パン、と。
 乾いた銃声が鳴り響いた。
 それだけのことだった。
 刹那、銃弾が三つパラパラとこぼれ落ちた。
『実験は成功です。無事、「ブラックボックス」周囲の物理法則を書き替え、兵器を無力化することに成功しました。これが、大きな兵器でも成功するかは未知数ですが、可能性は高いものと思われます。以上、報告を終わります』
 映像はそこまでだった。
「分かってくれたかね?」
「……これが、『ブラックボックス』に秘められた機能、だと言うんですか」
「そういうことだ。君ならば、機密を漏らすことはないだろう。そう判断した。だから、私の命令で今見せたことになる。……それ程気になるなら、実物を見るかね? ちょうど今から、パイロットが出撃するところだ」
「……パイロット……。あずさが……アリスが……出撃するんですか? でも、未だ、『北』からの攻撃は来ていないんじゃ……」
「それは君達が思っているだけのことだよ。実際には、既に『北』からの攻撃は日々やって来ている。ほら、テレビのニュースで言っているだろう? 弾道ミサイルが日本海に落下しただの言っている、あれだ」
 確かに、それなら聞いたことがある。
 でも、それって――。
「それも、『ブラックボックス』が物理法則を書き替えているから、出来ていることだと……?」
「そういうことになるね。……いやあ、最近の若者は物わかりが良くて助かるよ。こんな感じの部下が欲しかった」
「……それは俺に対する文句と受け取って良いですかね?」
 池下さんは兵長を睨み付ける。
 ……なんだかんだ、この二人は良いコンビなのかもしれない。
 しれない、と思っているだけに過ぎないけれど。
「さて、君の回答を聞こう。……今から、『ブラックボックス』が出撃する。その前に、パイロットに挨拶したいことがあるなら、時間を与えようではないか。どうだ? 挨拶していくか?」
 まるで、転校する生徒に挨拶していくか、と言わんばかりの軽さだった。
 でも、二度とあずさとアリスに会えない――そんな気がして。
 僕はそれに、頷くことしか出来なかった。

 

ページ移動

ユーティリティ

2021年10月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着エントリー

過去ログ

Feed