エントリー

逃避行のはじまり ①

  • 2019/06/11 23:44

 ここで一つ忠告をしておきたい。
 何故なら、ここから先は日常なんてものは存在しないと言うこと。
 僕達が戦い抜いた『記録』であるということ。
 そして、それを、全てを、知って貰いたい。

   ※

 日付は遡り――クスノキ祭前日。
 正確に言えば、零時を回っていたので当日であるとも言える。
 僕はある人物に再会していた。
 相浜公園のブランコで、またあいつに出会ったのだ。
「いっくん、やっほ。出会ったのは、久しぶりだね?」
 殺人鬼、御園芽衣子。
 かつて僕と出会い、話し合い、命のやりとりをした人物。
 そんな人間のことを――僕はすっかり忘れてしまっていたのだけれど、どうして、こんなところに居たのだろうか?
「何だよ、いっくん。生きているとは思わなかったか?」
 ぎこぎこ、と金属が擦れ合う音が響き渡る。
 夜中。誰も居ない公園にて、一組の男女が出会う。
 それだけ切り取れば、何だかロマンティックな風景にも見えてしまうけれど。
 生憎僕と彼女にはそんな関係性は存在しない。
 殺すか、殺されるか。
 ただその関係性でしかないのだった。
 もっとも、僕に殺人鬼を殺すことが出来るかどうかは――分からないけれど。
「何だよ、いっくん。もっと近づいて話しよーぜ。でないと流石に大声を出し続けていくのは近所迷惑になるだろ?」
 あ、殺人鬼にもそんな感覚ってあるんだ。
 僕はそんなことを思いながら、相浜公園に入っていく。
 隣のブランコに座ったところで、御園芽衣子はにひひ、と笑いながら話を始めた。
「実はちょっと前まで居なかったんだけれどさ、またここに帰ってきたんだよ。やっぱり、実家に近いところだとやりやすさが違うよな? そうは思わないか、いっくんは」
「僕は……ここに引っ越してきたばかりだから分からないな」
「そうだったっけ?」
 そうなんだよ。
 お前みたいに、常に逃げ回っている人間じゃないからな。
 僕はそう思いながら、ブランコを漕ぎ出した。
 ぎこぎこ、とブランコが揺れる音が聞こえる。
「でもまあ、しばらく見ないうちにいっくん、変わっちまった気がするな」
「どういうこと?」
「何だか知らねーけれど、ちょっとやる気が出てきたってゆーの? そういう感じというよりかは、少し覚悟を感じるようになったといえば良いのかな? いずれにせよ、何かあったんだな、って感じはするよ、あのときよっかは」
「……そうかな?」
「そうだぜ。周りが見えていないだけの馬鹿に見えたか、俺が?」
「いや、そうとは思わないけれど……。でも、それは正しいことだと思う」
「正しい? やっぱり、俺の言っていることは正しかったんだな。んで? いったい全体、何があったっていうのさ? 少しはこのおねいさんに話してみたらどうだい?」
 おねいさん、って。
 年齢もそんなに変わらないだろうに。
 僕はそんなことを思いながら――けれど、彼女になら話せるような気がした。
 彼女となら、腹の探り合いをせずに、話せるような気がしたのだ。
 

ページ移動

ユーティリティ

2022年08月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着エントリー

過去ログ

Feed